ENGLISH

元麻布ファミリエデンタルクリニック

診療時間
【 月・火・水・金 】 10:00〜13:00/14:30〜19:00
【 土曜日 】 10:00〜13:00/14:00〜18:00
【 休診日 】 木曜日・日曜日・祝日

虫歯治療

患者様一人ひとりに合った
治療計画

最善の治療計画を

「歯が痛む」「歯が欠けてしまった」などの症状でご来院された場合、まず一般歯科にて診察いたします。「治療に通うのが面倒だから病院に行かない」などとご自身で判断せず、少しでも歯に違和感がありましたらすぐご来院ください。

些細な症状でも放置していると、想像以上に病気が進行している可能性があるためです。ご来院されたら、お口の中をしっかり検査し、患者様一人ひとりに合った最善の治療計画を一緒に考えていきます。

虫歯の原因

虫歯の原因

虫歯とは、原因菌により歯の成分が少しずつ溶けていき、やがて歯に穴があいてしまう病気です。原因である細菌は糖質から酸を作る歯垢を作ります。この酸が歯を溶かしていく原因となります。この歯垢が残っていると更に酸が作られていき、やがて歯に穴が空いてしまいます。また、虫歯は再発のリスクが高い病気です。歯医者で治療をし治ったと思っても実は詰め物・被せものと歯の隙間から再発するケースも多くあります。

虫歯の原因は大きく分けて4つあると言われています。もちろん年齢などにより個人差がありますが、以下が虫歯の主な原因です。

  • 【 細菌 】
    菌の数や種類
  • 【 食べ物 】
    糖類の摂取状況・粘着性
  • 【 宿主(歯質) 】
    歯の構造・歯並び・唾液の量と質
  • 【 時間 】
    細菌が作る酸にさらされる時間

虫歯症状の段階と治療方法

C1:エナメル質内のう蝕

C1:エナメル質内のう蝕

虫歯が歯の表面にあるエナメル質にできた状態です。症状として、小さな穴ができ始めますが、痛みを感じることは殆どありません。

■ 治療内容
虫歯の部分を削って、歯科用のプラスチック(CR)を詰めていきます。削るのは表層の為、麻酔なしでも痛みはありません。
C2:象牙質に達したう蝕

C2:象牙質に達したう蝕

エナメル質の奥にある部分(象牙質)に虫歯がある状態です。冷たいもの・甘いものを食べると痛みを感じたりしみたりすることがあります。

■ 治療内容
虫歯を削って取り、削った場所の大きさに応じて詰め物を行って行きます。そのまま削ってしまうと、痛みが出るためきちんと麻酔を行ってから治療を行います。
C3:歯髄(神経)に達したう蝕

C3:歯髄(神経)に達したう蝕

歯の中央部にある神経に虫歯が達してしまっている状態です。この状態まで進行してしまうと、温かいもので痛みを感じたり、何もなくてもズキンと痛むことがあります。

■ 治療内容
麻酔を行い虫歯・神経を取り除く必要があります。神経の炎症が非常に強い場合は麻酔があまり効かないこともあるので、状態を見ながら麻酔を足すなどし、治療を行っていきます。
C4: 歯質が失われたう蝕

C4: 歯質が失われたう蝕

虫歯が進行し、歯の根だけになってしまった状態です。歯髄は死んでしまい、痛みを感じなくなることが多くなります。

■ 治療内容
虫歯を削り、残った根の状態によっては治療をしてから歯を引っ張り上げて被せものをします。保険診療の範囲で行う場合は、抜歯になります。

治療の痛みに対する配慮

歯医者で麻酔が痛かった…などで、歯医者=怖い・痛いといった印象をお持ちの方が多くいらっしゃいます。当院では、患者様に快適に治療を受けて頂けるように、様々な手法を駆使し痛みの少ない治療を心がけております。

虫歯の予防法

虫歯予防の基本は歯磨きとなりますが、徹底して予防を行おうと思うと歯磨きだけでは足りない部分が出てきます。自宅でのケアのみでは行き届かないところは歯科医院でのケアが必要となってきます。